五十肩などの肩の違和感を解消する骨の操体法

肩の動きを良くする方法

四十肩・五十肩などの肩の痛みや違和感は、前腕の骨がずれているからかもしれません。

この記事では、肩の不調に対するセルフケアをご紹介いたします。

 

関連記事:五十肩などで肩が痛いときは圧痛操法をやってみよう!!

前腕で肩の動きを良くする

前腕は二本の骨で構成されていて、それぞれ橈骨、尺骨と呼ばれています。この二本の骨があるお陰で、手をひねる動作が容易にできるようになっています。

橈尺関節

 

肩に違和感がある場合、この橈骨と尺骨のずれが原因となっていることが良くあり、このずれを調整すると肩周囲の筋肉の機能低下が改善されて、腕が挙がりやすくなります。

 

では、どのようにずれを治せばよいのでしょうか?

 

橈骨と尺骨の骨の操体法

それは結構簡単です。二本の骨を束ねて圧縮するように関節に圧をかけるのです。

 

少し専門的になりますが、橈骨と尺骨は手首のほうと肘関節のほうに、合計二つの関節でつながっています。手首のほうは「下橈尺関節」肘の近くは「上橈尺関節」と呼ばれています。

 

この上下の関節を圧縮するには手首を握ったり、肘全体を包むように握ったりすればOKですが、力任せにギュウギュウ、ニギニギするのではなく、フワッと柔らかく包み込むようにすることが大切です。

 

このような握り方をすると、そこには安心感とともに気持ちよさが感じられると思います。その感覚が操体法でいうところの原始感覚の「快」なのです。

 

動画でも解説しています。

やり方は映像のほうがわかりやすいと思いますので、お時間のある方はぜひご覧ください。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

横須賀整体 岡田

代表 岡田雅昌

ご予約・お問い合わせ

セルフケア方法や整体に関するお問い合わせはお気軽にお電話かメールでどうぞ!!

スマホでご覧の方はこちらからお電話できます。
046-807-4059
担当の岡田がでます。「ホームページを見た」とお伝えください。

24時間対応メール予約・お問合せ

24時間以内に返信いたします。

[contact-form-7 id=”1029″ title=”ご予約・お問い合わせ”]  

関連記事

その他の五十肩のセルフケアはこちらもどうぞ!!

五十肩などで肩が痛いときは圧痛操法をやってみよう!!

 

横須賀整体スタジオ

当院「横須賀整体スタジオ」では、健康雑誌「わかさ」で特集された操体法を用いて施術しています。

わかさ

マッサージではありません。

そのときの身体に必要な低刺激で効果を出す痛くない整体です。

お客様の声を多数いただいておりますので、ご予約の際はご参考にしてください。

  お客様の声のページへ  

%e3%81%8a%e5%ae%a2%e6%a7%98%e3%81%ae%e5%a3%b0%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc

 

セルフケア本がAmazon限定発売中!!

自分で治せる「健康引き寄せ」セルフケア体操と心の気づき

img_0070

 

ご予約方法・施術料金

画像をクリックしてご予約ページへどうぞ!!

電話でのご予約

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です