膝を深く曲げると痛む膝痛のセルフケア方法 神奈川県・膝痛専門整体院 横須賀ひざ痛ケアスタジオ

膝を深く曲げると、膝関節の内部にズキッとした痛みがでるときがあります。
多くの場合、どこが痛いのか場所を特定することが難しい症状です。
このような、膝痛のセルフケアの方法をご紹介します。
 
 

はじめに炎症がないか確認

膝周囲に炎症がないかを確認しましょう。
これから紹介するセルフケアは、膝周囲に直接、施術するタイプのものですので、炎症がある場合は禁忌(やっちゃだめ)となります。
 
炎症の兆候は、熱感、発赤、腫脹、疼痛です。
 
簡単に言うと、他の部位よりも
 
・熱くなっていないか?
・赤くなっていないか?
・腫れていないか?
・何もしてなくても痛みがある。
 
このような、炎症の兆候がなく、膝を深く曲げたときのみ、なにかが引っかかっているかのような痛みがでる場合、今回のセルフケアで変化がでることが良くあります。
 

深く曲げると痛む膝のセルフケア方法

施術前に、膝を深く曲げる検査や片脚あぐらをかいてみて、痛みや動かしにくさを感じてみましょう。このような検査を事前にしておくと、施術後に、また同じ検査をすることで施術が効いたか確認できます。
それではセルフケアしてみましょう!!
 

1.膝の内側の骨際

膝裏の内側
痛む側の膝の内側の少し後ろを指で触ると、骨に沿ってコリコリとしたスジがいくつか触れると思います。
 
このスジは正式には、大腿部の筋肉たちの腱なのですが、この腱の位置が筋膜の癒着などで、ずれてしまっていることがあるのです。
 
このズレを直すと膝関節動きが良くなり、深く曲げたときの膝の痛みに変化がでることが良くあります。
 
直し方は、膝の裏に指を入れて、先ほどの膝内側の腱の束をコリコリッと手前にずらすようにすればOKです。

2.すねの骨の内側

すねの内側
つぎにすねの骨の内側を上からコリコリと骨から筋肉をはがすように、施術していいきます。
場所によっては、激痛があったりするので、四指で丁寧にやさしくコリコリしてみましょう。
 
マッサージのように、グイグイ押すのではないので注意してください。コリコリというかカリカリというか、とにかく削るようにこそいでいきましょう。
 
この二つの施術が終わったら、施術前に行った膝を深く曲げる検査や片脚あぐらを確認してみましょう。
膝の痛みは変化していますか?
 
うまく膝の痛みが変化している場合、この部位の筋膜の癒着が痛みの原因のひとつということになります。
 
あまり変化が場合は、やり方が悪いか、違う場所をやる必要があるのかもしれません。もう一度、先ほどよりも、「ゆっくり」「細かく丁寧に」行ってみましょう。
 
強くやる必要はまったくありませんので、効かないからといって強くグリグリしないようにしてください。
 
このセルフケアは骨の際であれば、どこでも大丈夫ですので、上記した二つの部位で変化しない場合は、膝から足にかけて、骨が触れられる部位をコリコリとこそいでみると良いですよ。
 
動画でも説明していますので、こちらもぜひご覧ください。

最後までご覧いただきありがとうございました。
 
impimp[ad#201704ad]imp

◆ 管理人の整体院「横須賀整体スタジオ」

変形性膝関節症などの運動療法を得意とする膝痛専門からスタートした整体院ですが、根本原因を追究していくと頭蓋骨調整やエネルギー系の痛くない独自の整体法に行きつきました。
アナタはご存知ですか?
肩こりは足の歪み、膝の痛みは肩甲骨の歪み、腰の痛みは頭蓋骨の歪みという事実を。
★ 横須賀整体スタジオ適応症状
膝の痛み・慢性腰痛・肩こり・首こり・頭痛・顎関節症・四十肩・五十肩・便秘症・足底筋膜炎・坐骨神経痛・脊柱管狭窄症・腱鞘炎・自律神経失調症など
http://arigata.net/

お問い合わせ・ご質問はお気軽にどうぞ!!

スマホでご覧の方はこちらからお電話できます。
046-807-4059
ホームページを見たとお伝えください。
 

当サイト管理人の出版物

Amazon限定発売!!
自分で治せる「健康引き寄せ」セルフケア体操と心の気づき
img_0070
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です